サイトマップ

闇金と正規業者の違い

闇金ではお金を借りてはいけません。しかし、中には闇金とは知らずにお金を借りてしまうケースもあります。できれば大手消費者金融や銀行など、有名なカードローンを申込んでおけば安心です。

 

大手であればまず闇金であるはずがありません。それでも事情があって大手で借りたくない場合などに、知らずに闇金に申込んでしまわないために、闇金業者の特徴を抑えておきましょう。

 

闇金が他の貸金業者と違うのは、貸金業として金融庁に登録していない点です。正規の業者であれば、金融庁から貸金業登録番号を取得しています。正規に登録していないので、法律に反することも平気でしてきます。

 

貸金業登録番号を持っているかどうかは、闇金かどうかを判別する1つの材料となります。金融庁のホームページから、番号を入力すれば正規の貸金業者かどうかが分かります。番号がないのはもちろん、偽の登録番号であれば、闇金の可能性がかなり高いです。

 

名前が大手をもじったようなものも注意が必要です。パクリのような名前で実際に闇金融だったという例もあります。

 

広告の掲載場所も、闇金を疑うべきかの目安になります。電柱やメール、スポーツ新聞やギャンブル系雑誌の広告は怪しいと見ましょう。

 

借金が多くなり、中にはローンが払えないからと闇金に手を出してしまう方がいますが、状況がさらに悪化するだけなので闇金利用はやめてください。