サイトマップ

身近な闇金に十分に注意

闇金というと、自分たちの日常とはかけ離れた世界のものに感じるかもしれません。しかし、実際には身近な所にその存在を見かけられます。うっかり足を踏み入れないよう、闇金をみかける場面を知っておきましょう。

 

電柱などに「お金貸します」「ブラックOK」「無審査」などと記載されている広告は闇金だと思ってよいでしょう。こういった広告の連絡先はほぼ間違いなく携帯電話の番号です。正規の貸金業者の場合、固定電話の連絡先が必ずあり、連絡先が携帯電話番号というのはありえません。

 

公共の雑誌だからと安心はできません。スポーツ新聞や週刊誌、風俗雑誌などに、闇金の広告が載っている場合があります。誰でも名前をしっている大手でなければ、やはり怪しいと踏んでおいた方が良いでしょう。できればこういった雑誌の広告は利用しない方が安全です。

 

電話やメール、FAXでの勧誘も怪しいです。正規の貸金業者であれば、本人の承諾なく電話番号を調べ、かけてくるようなケースはありません。勧誘全般は危険だと考えましょう。

 

知人の紹介経由のパターンもあり、これは特に注意しましょう。知っている人の紹介だからと安心して申込むと、二人揃って騙される可能性があります。警戒心も薄れてしまうため、このパターンには特に注意が必要です。

 

特に借金の返済ができない場合などにはこういった身近な闇金に引っかかってしまうケースがありますので、借りたお金の支払いができない場合には返せない借金の債務整理を考えるようにしましょう。